初心者メールレディの稼ぎ方

【初心者メルレ注意】メールレディのお仕事でやってはいけない禁止事項:バレると報酬没収、強制退会も!

【初心者メルレ注意】メールレディのお仕事でやってはいけない禁止事項:バレると報酬没収、強制退会も!

メールレディのお仕事って、スマホでメールするだけだからすごく自由に感じますよね。シフトもノルマもないし。
でも実は、お仕事する上での大事なルールが定められています。

ルールを守らないと、最悪の場合は強制退会&報酬没収なんてことも。

上司もいないし教育係もいない。だから自分で調べないと、知らず知らずのうちにルールを破ってしまうことに。

ここではメールレディの一般的な禁止事項をすべてまとめました。お仕事先によって細かなルールは違いますが、ここに書いてある内容はすべてのメールレディ求人で共通しています。
この記事の内容を頭に入れて、かつお仕事先のマニュアルを熟読するのが安心です!

この記事を書いた人

 28才 / メルレ&スマホチャトレ歴4年目

美優
この記事を書く前に、各サイトのルールをもう一度見直してみました。自分ではベテランのつもりでいましたが、知らなかった禁止事項もちらほら……💦

メールレディの禁止事項は、3つの目的で決められている

これからメールレディのお仕事ルールを具体的にご紹介していきますが、想像以上に数が多いことに驚くと思います。ちょっと面倒に感じますが、すべて大事なことなんです。

メールレディのお仕事をする上での禁止事項は、次の3つの目的で決められています。

メルレの禁止事項・3つの目的

  • 法律に違反しないためのルール
  • 自分の身の安全を守るためのルール
  • お仕事中のトラブル回避のためのルール

この3つの目的に沿って、たくさんのルールが決められています。たくさんあるから、覚えるのが大変に感じるかもしれません。
でもその禁止事項が決められた理由まで知ると、ぜんぶ当たり前のことに感じるから意外とすぐ覚えられますよ!

さっそくメールレディのお仕事の禁止事項をご紹介していきます。

メールレディのお仕事禁止事項1:法律に違反しないためのルール

法律遵守のための禁止行為

  • 自分以外の人に代わりに仕事をしてもらう行為
  • 他人の画像を自分だと偽って利用する行為
  • 性器が写っている画像・動画を公開する行為

禁止事項1-a:自分以外の人に代わりに仕事をしてもらう行為

メールレディやチャットレディのお仕事は、働く人の本人確認を徹底するよう法律で決まっています。とくに18才未満は、登録も禁止されています。

だから他人に代わってもらうと、本人確認ができていない人が働いてしまうことになり法律違反に。あなたが頼んだ人がもし18才未満であれば、最悪の場合法的責任を問われてしまうことも。

また男性から信頼を得るという意味でも、このルールは大事。お仕事先の運営会社は、男性に「本人確認済みの、正真正銘の女性とお話できる」ことを売りに集客しています。
本人以外のメール返信を許可してしまうと、このお仕事が成り立たなくなってしまうんです。

「サクラかもしれない」
「相手は女性のふりをした男かもしれない」

不信感が広がると、メールレディのお仕事はとても稼ぎづらくなります。
男性は、メールレディのことを意外とよく見ています。文章って意外と個人のクセが出るから、普段やりとりしてる人なら違う人がメールを打ってるとすぐ気付きますよ。

私たちが稼ぎやすい環境を守るためにも、絶対に守らなきゃいけないルールのひとつです。

ポイント

友だちに代わりに返信してもらった。面倒だから妹の写真を送った。
たとえ親しい人に頼んだとしても、これらはすべて、ルール違反です。

禁止事項1-b:他人の画像を、自分だと偽って利用する行為

ネットで見つけた他の人の画像を、自分の写真のように公開するのは禁止されています。肖像権、著作権の問題にも発展し、最悪の場合は相手から訴えられてしまうことも。

「顔出しの方が稼げるけど、自分の顔は出したくない」といって、他人の顔出し画像をプロフィールに設定した人もいるようです。でも自分の身におきかえてみたら、そんなことされてたら最悪ですよね。

お仕事先で使用する画像や動画はすべて、自分で撮影した自分自身のものを使いましょう。

禁止事項1-c:性器が写っている画像・動画を公開する行為

アダルトOKのメールレディとしてお仕事する人は、性器が絶対に写らないように注意しましょう。インターネット上で性器を露出する行為(画像・動画問わず)は、犯罪です。

わいせつ物頒布等罪(刑法第175条)となり、2年以下の懲役または250万円以下の罰金、もしくはその両方を科せられます。
掲示板やプロフィールへの掲載はもちろん、男性との個人メッセージに添付するのも違反です。

これをしてしまうと、運がよければ強制退会・最悪の場合は逮捕。うっかりがないように、十分気をつけてお仕事しましょう。

メールレディのお仕事禁止事項2:自分の身の安全を守るためのルール

身を守るのための禁止行為

  • LINEなどの連絡先を教える行為
  • 住所など個人情報を公開する行為
  • お仕事先サイト以外で金銭のやりとりをする行為

禁止事項2-a:LINEやメールアドレスなど連絡先を教える行為

メールレディのお仕事を始めたら、すぐに「LINE ID教えて」攻撃に遭遇します(笑)男性から聞かれたからといって、決して連絡先を教えてはいけません。

LINE IDなんて教えても大した実害はないように感じますが、最近ってLINEと連携しているサービスがたくさんありますよね。
出会い系の掲示板にLINE IDをばらまかれちゃうなんて被害もあるそうです。

電話番号も教えるのはかなり危険。LINEやInstagramなどは、電話番号から知り合いを見つける機能があります。
検索されて自分の本名でやってるアカウントがバレたりしたら大変です。

私たちメールレディが、男性に連絡先を教えるメリットはゼロ。報酬も入らないのに、知らない男性の相手をする理由はないですよね。
また万が一トラブルがあったとしても、サービス外でのトラブルについては運営は守ってくれません。たとえ解決してあげたくても、会社の管轄外のことだから手出しができないんです。

禁止事項2-b:住所など個人情報を公開する行為

相手の男性に個人情報を伝えるのは、とても危険。上で挙げた連絡先だけでなく、住所や本名も絶対に伝えてはいけません。

今は仲良しの男性でも、何か気に入らないことがあったら個人情報を使って嫌がらせをされる可能性も。ネット上だけの付き合いだと、相手の本性まではわかりません。

またそういう男性は、ちょっとの個人情報からあなた本人を特定することだってできます。
出身大学や勤務先の業種、誕生日や出身地など、メールの積み重ねで得た情報を組み合わせれば、Facebookなどであなたを見つけるのが可能。

「これくらい教えてもいいか」の積み重ねで、知らず知らずのうちにあなたのリアルな個人情報が知られていくことに気をつけましょう。

ポイント

お仕事用のプロフィールは、フェイクでOK。
わたしは誕生日や居住地など、すべてリアルの情報とは違う内容にしています。

LINEなどの個人情報を聞かれたときの断り方

初心者メールレディが悩みがちなのが、連絡先を聞かれたときの断り方。ていねいに、でもキッパリ断りたいですよね。
うまく断るメールが思い浮かばない人は、ぜんぶ運営のせいにしてしまいましょう。

「LINEの交換したら、強制的に退会になっちゃうんだって」
「教えたらダメって規約に書いてあったからごめんなさい」

これで押し通しましょう!諦めが悪い男性は、「バレないから大丈夫!」とゴリ押ししてきますが、ひたすら「決まりだから教えられない」を貫くのが正解。
そのうちメールがこなくなりますよ(笑)

LINE IDを聞いてくる人って、無料で女の子と手っ取り早くお話したい男性。お金をかけたくない人だから、仲良くなってもメールレディの収入になんの貢献もしてくれません(笑)

お仕事サイト外で連絡を取り合ってもこちらにはデメリットしかないので、「相手に嫌われちゃうかも」とかは考えずに断っちゃうのがオススメです。

ポイント

一応相手はお客さんなので、あくまでもていねいにお断りしましょう。
乱暴に断ってしまうと、逆恨みで運営に通報されたりしたときに不利になります。

禁止事項2-c:お仕事先のサイト以外で金銭のやりとりをする行為

パパ活や売春の勧誘や誘いに乗ること、お金を借りたりもらったりのやりとりは禁止されています。
楽に稼げるからラッキーと思うかもしれませんが、規約違反と法律違反、2つの禁止行為です。

まず男性は、なんの見返りもなしにお金をあげたり貸すことはありません。お金を受け取ってしまったあと、どうなるか……本当にただもらっただけで済めばラッキーですけどね。
お仕事サイト外でお金のやりとりをするには、あなたの個人情報を教える必要があります。どんな相手かもわからないのに、名前や電話番号、口座番号を教えるのは危険です。

売春のもちかけは、サービスの利用規約違反だけでなく売春防止法で捕まる可能性もあります。

ポイント

私たちメールレディが安心してお仕事できるのは、ぜんぶサービス内でやっているからこそ。男性からもちかけられる、楽に稼げそうなおいしい話には気をつけましょう。

メールレディのお仕事禁止事項3:トラブル回避のためのルール

トラブル回避のための禁止行為

  • 男性会員への暴言
  • 男性と直接会う、または会えることをほのめかす行為
  • プロフィールで「アダルトOK」としてるのに男性からのリクエストをすべて拒否する行為
  • 女性専用のお仕事機能を男性にバラす行為
  • 「仕事としてメールしている」「報酬をもらっている」と男性に言う行為
  • 男性メンバーを他のサービスへ誘う行為
  • 一度公開した画像・動画を再度公開する行為

禁止事項3-a:男性会員への暴言

残念なことにメールレディとしてたくさんの男性とやりとりをしていると、男性からいやなことを言われることがあります。

わたしはアダルト写メリクエストを断ったら「ブス」とか、「お前にされたことを運営に通報してやる」とか、「いますぐメール返さないとどうなるかわかってるんだろうな」とか言われたことあります……

そんなひどいことを言われた時でも、こちらが男性を非難するような暴言は禁止されています。言い返したくなりますが、グッと我慢です。
言い返したら逆恨みされて運営に通報されてしまう危険も。最悪の場合は、こちらがアカウント停止されてしまいます。

ポイント

男性からひどいことを言われても、言い返すのは厳禁。そっとブロックして、あまりにひどい場合には運営会社に通報しましょう。

禁止事項3-b:男性と直接会う、または会えることをほのめかす行為

マッチングアプリやパパ活アプリではないので、男性と直接会う事は禁止されています。さらには、「会えるかも」と期待させるのもNG
「もっとメールのやりとりをすれば(お金を使えば)会えるよ」と会う気がないのに言って男性にお金を使わせるのは、詐欺行為にあたります。

「一緒にお出かけしたら楽しそうだね〜!」といった雑談は禁止されていません。「〇〇市まで来てくれたら会えるよ」など、具体的な話で期待させるのが禁止です。

禁止事項3-c:プロフィールで「アダルトOK」としてるのに男性からのリクエストを無下に拒否する行為

メールレディのお仕事は、アダルトかノンアダルトかを自分で選べます。
※一部求人はアダルト限定です

プロフィールでアダルトOKにしてるのに、男性からのリクエストを”すべて”断る事は禁止されています。メールするだけといっても、お仕事ですからね。

メールレディとしてのルールに、次の2つがあります。

  • アダルトOKとプロフィールに設定しているなら、男性からのリクエストにできる限り応じなければいけない
  • やりたくない事は断っていい

つまり男性からのリクエストが無理な内容だった場合に、ただ「できません」と言うだけではダメということ。

ただ断るだけじゃなくて代替案を提示するのが、いいメールレディの基本です。要望には応えられないけど、こんなのはお好きですか?と提案してみましょう。
断るだけだとメールは途切れちゃいますが、自分から積極的に提案することでお話も続きます。

禁止事項3-d:女性専用のお仕事機能を男性にバラす行為

お仕事先のライブチャットサイトでは、お仕事しやすいように 様々な機能が用意されています。その多くは女性専用。男性にお仕事機能についてバラしてはいけません。

たとえば”メール一括送信機能”。指定した条件を満たす男性全員に、同じ文章のメールを一括で送れる機能です。
男性からすると自分のことが気になってメールしてくれたと思ったのに、ランダムの一括送信だと知ったらガッカリしますよね。

男性に不信感を与える行動は、将来的にメールレディ業界の衰退につながります。お仕事機能を男性に伝えてもいい事は何もありません。

禁止事項3-e:「仕事としてメールしている」「報酬をもらっている」と男性に言う行為

男性は、女の子と仲良くなりたくてサイトを利用しています。それなのに女性は報酬目的でお話に付き合ってると思うと、ガッカリしますよね。
自分から積極的にお金のためにメールレディをしていることを伝えるのは、すべてのお仕事先で禁止されています。

しかし一部の男性は、女性がお仕事としてメールレディをしていることを知っています。それで「いくらもらってるの?」なんて聞かれたりすることも。
この質問に対する回答の正解は、お仕事先によって違います。

クレア、GRAN(グラン)、キャンディトークの場合

ただし「報酬をもらってサイトを利用しているの?」と男性に聞かれた場合「報酬なんてもらっていない」と嘘を付く必要はございません。答え方としては「メールするのが好きだしちょっとしたお小遣いにもなるから」や「男の人と仲良くなれるしポイントもたまるから」程度の控えめな発言に抑えて下さい。

つまり「たくさん稼げるから助かる!」とか、「このメール1通で〇〇円もらってるよ〜」といった具体的な話はNGです。
もちろん聞かれてないのに報酬の話をするのも、禁止されています。

ガールズチャット 、any(エニィ)の場合

男性に報酬の詳細を伝えるメリットはありません。もしも、しつこく聞かれたら「教えると強制退会になってしまう」と答えて、絶対秘密にしましょう!

クレアなどと違って、ガールズチャットとany(エニィ)は絶対に報酬について漏らしてはいけないと決められています。

ポイント

男性に報酬について聞かれた時の正解の回答は、運営会社によって違います。
もし聞かれたらサイトのマニュアルを参照する、またはサポートセンターにメールをすれば正しい答え方を教えてもらえます。

禁止事項3-f:男性メンバーを他のサービスへ誘う行為

複数サイトでかけもちメールレディをしている人は要注意なのがこれ。
メールレディに慣れてきて固定さんがつくと、「もっと報酬が高い方でメール交換したいな」と思うことが……。でも男性を別のサイトに勧誘するのは、運営会社にとっては営業妨害になるので固く禁止されています。

報酬が高い別のサイトに男性を勧誘するのって私たちメルレにはメリットしかないように思えますが、実はそうでもありません。

報酬が高いという事は、男性の利用料金もアップ。今までのような頻度ではメールがこないかもしれません。また、勧誘した先で別のお気に入りの女の子に流れてしまう、というリスクもあります。

ポイント

運営会社にとってはもちろん、私たちメールレディにとってもリスクが高い他サイトへの勧誘。
思わずやりたくなりますが、絶対に勧誘しないように気をつけましょう。

禁止事項3-g:一度公開した画像・動画を、再度有料で公開する行為

プロフィールに掲載の無料写真と、無料画像掲示板以外は、男性がすべて画像を開くためにお金を払っています。有料掲示板だけじゃなくて、メールに添付した画像や動画も、ぜんぶ男性は閲覧が有料なんです。

そのため一度有料で公開した画像は、再度有料で公開することを禁止しています。また逆に、無料で公開している画像を有料で公開することも禁止です。

男性はお金を払うまでどんな画像なのかわかりません。それなのに知っている画像だったら、嫌な思いをしますよね。
また今まで無料でみてた画像を有料で送ることも、男性からすると不誠実な対応です。

画像を撮るのって面倒だから、使い回したい気持ちはわかります。次のNG例と問題ない例を参考にしていただき、男性の信頼を損なわないメルレになりましょう。

画像再利用のNG例

  • 有料掲示板に、同じ画像・動画を複数回公開する
  • プロフィールや無料掲示板などみんなが無料で見られる場所に公開した画像・動画を、メールで送る
  • 1人の男性に、同じ画像・動画を2回以上メールで送る

画像再利用のOK例

  • 同じ画像・動画を、別の男性複数人に1回ずつだけメールで送る

まとめ メールレディのお仕事ルールを守る=自分の身を守ること!

法律遵守のための禁止行為

  • 自分以外の人に代わりに仕事をしてもらう行為
  • 他人の画像を自分だと偽って利用する行為
  • 性器が写っている画像・動画を公開する行為

身を守るのための禁止行為

  • LINEなどの連絡先を教える行為
  • 住所など個人情報を公開する行為
  • お仕事先サイト以外で金銭のやりとりをする行為

トラブル回避のための禁止行為

  • 男性会員への暴言
  • 男性と直接会う、または会えることをほのめかす行為
  • プロフィールで「アダルトOK」としてるのに男性からのリクエストをすべて拒否する行為
  • 女性専用のお仕事機能を男性にバラす行為
  • 「仕事としてメールしている」「報酬をもらっている」と男性に言う行為
  • 男性メンバーを他のサービスへ誘う行為
  • 一度公開した画像・動画を再度公開する行為

数が多くて覚えるのが大変ですが、よく見ると内容は難しくありません。
一般的なマナーやインターネットを利用する上での基本を知っていて、男性の気持ちを思いやれる人なら、意識しなくても禁止行為はしないはず。

あまりに違反行為がすぎると報酬没収・強制退会になってしまうので、特に初心者メールレディの方は気をつけてお仕事してくださいね。

  • この記事を書いた人
美優

美優

28才 / スマホチャットレディ&メールレディ歴4年目 / サイトによってアダルトとノンアダキャラわけ

稼ぎには貪欲!
気になったことは徹底的に調べる性格だから、チャトレ&メルレのこともめちゃくちゃ調べてから始めました。
今は、いかに彼氏にバレないでお仕事するかを研究してます(笑)

-初心者メールレディの稼ぎ方

0
この記事への質問はこちら≫x

© 2020 メールレディ・チャットレディ完全攻略ガイド